• ミニカーのモデルガレージロム
  • お問い合せ
  • ログイン
  • 買い物かごを見る
  • 営業時間

すべてのキャリアにも対応。ミニカー通販 ミニカー、デカール、パーツの販売はもとより、デカール加工に修理もやってます。 国内最大級在庫総数約13000点
来る人には楽しみを! 帰る方には喜びを! 大阪のミニカー 通販の老舗専門店。 全国のミニカー 通販も承っております。車、バイクのプラモデル製作代行、レジン、メタルキットの製作代行も承っております。11,000円上のお買い物で送料無料。 国内最大級の品揃えで在庫総数約13000点のミニカー 通販を取り扱っております!車のプラモデルやミニカー以外にも鉄道模型やミリタリーモデルにも使用できるデカール・オプションパーツも豊富にとりそろえております。 ミニカーの通販ならロム! 大阪駅前徒歩3分、ご来店もおまちしております。 ありがとうございます。

* *
* *
* *

モデルファクトリー ヒロ 1/43 フルディティールキット マツダ 787B ルマン 1991 Winner ハーバート/バイドラー/ガショー MFH-K657 MFH-K657

価格: ¥17,280 (税込)
[ポイント還元 173ポイント~]
数量:
在庫: ×

返品についての詳細はこちら

twitter


【 MAZDA 787B について 】
2018年4月現在、ル・マン24時間レースにおける日本メーカー車唯一の、そしてロータリーエンジン唯一の総合優勝車としてその名を残すマシン、それがMAZDA 787Bです。この優勝は、マツダとロータリーエンジンの長い歴史の中でもひときわ輝くハイライトとなった出来事といえるでしょう。マツダのロータリーエンジンとの関わりは、1960年代 まで遡ります。当時西ドイツの自動車・オートバイメーカーであったNSUが世界初のロータリーエンジン自動車を販売しており、日本自動車メーカーの中で後発であった東洋工業(後のマツダ)はNSUと技術提携の契約を結び、社運を賭けてロータリーエンジン車の開発に取り組むことになりました。そして1967年、最初のマツダ製ロータリー搭載市販車、コスモスポーツが発売になります。オイルショック後、NSUとその提携企業がロータリーから撤退しても、マツダは唯一その後もロータリーエンジン車を作り続けることになります。
マツダによるモータースポーツへの参加、その中でもル・マン24時間レースとの関わりは、1970年代から始まります。本格的な参戦としては、1973年のマツダロータリーエンジンを搭載したシグマMC73から。その後不参加の年もありましたが、1991年に至るまでロータリーエンジン・サウンドをサルト・サーキットに響かせ続けることになります。ル・マン参戦車としては1988年のマツダ767から4ローターエンジンとなり、1990年の787を経て、その改良型、787Bの1991年総合優勝へとたどり着くことになります。
1991年のル・マンはレギュレーションの変更により、ロータリーエンジンでの参戦が可能となる最後の年でした。その最後のチャンスに、ワークスカラーの787と787B、そしてレナウン・チャージのグリーンとオレンジに彩られた787Bの3台で参加したマツダは、メルセデスC11やジャガーXJR-12といった強力なライバル勢を退け、レナウンカラーの55号車が総合優勝を、ワークス18号車が6位に入る快挙を成し遂げるのでした。
 
【キット概要 】
■ホワイトメタル、エッチングパーツ、シルク印刷デカール、バキュームパーツ等を使用したマルチマテリアルキットです。

■91年LM総合優勝を果たしたレナウンカラーの55号車と、6位に入ったマツダワークスカラーの18号車、その2バージョンをラインナップ。

■モデルは1/12スケールで培ったディテールの再現と組み立てやすさのバランスを考慮した設計。

■フロント/リアカウルは脱着が可能で、完成後も内部構造を見ることができます。

■ゴム製タイヤはメーカーロゴ印刷済み。
 
【 バリエーション 】
K657●Ver.A :
1991 LM 24hours Winner #55 V.Weidler / J.Herbert / B.Gachot



画像をクリックしていただくと拡大表示します。

【 MAZDA 787B について 】
2018年4月現在、ル・マン24時間レースにおける日本メーカー車唯一の、そしてロータリーエンジン唯一の総合優勝車としてその名を残すマシン、それがMAZDA 787Bです。この優勝は、マツダとロータリーエンジンの長い歴史の中でもひときわ輝くハイライトとなった出来事といえるでしょう。マツダのロータリーエンジンとの関わりは、1960年代 まで遡ります。当時西ドイツの自動車・オートバイメーカーであったNSUが世界初のロータリーエンジン自動車を販売しており、日本自動車メーカーの中で後発であった東洋工業(後のマツダ)はNSUと技術提携の契約を結び、社運を賭けてロータリーエンジン車の開発に取り組むことになりました。そして1967年、最初のマツダ製ロータリー搭載市販車、コスモスポーツが発売になります。オイルショック後、NSUとその提携企業がロータリーから撤退しても、マツダは唯一その後もロータリーエンジン車を作り続けることになります。
マツダによるモータースポーツへの参加、その中でもル・マン24時間レースとの関わりは、1970年代から始まります。本格的な参戦としては、1973年のマツダロータリーエンジンを搭載したシグマMC73から。その後不参加の年もありましたが、1991年に至るまでロータリーエンジン・サウンドをサルト・サーキットに響かせ続けることになります。ル・マン参戦車としては1988年のマツダ767から4ローターエンジンとなり、1990年の787を経て、その改良型、787Bの1991年総合優勝へとたどり着くことになります。
1991年のル・マンはレギュレーションの変更により、ロータリーエンジンでの参戦が可能となる最後の年でした。その最後のチャンスに、ワークスカラーの787と787B、そしてレナウン・チャージのグリーンとオレンジに彩られた787Bの3台で参加したマツダは、メルセデスC11やジャガーXJR-12といった強力なライバル勢を退け、レナウンカラーの55号車が総合優勝を、ワークス18号車が6位に入る快挙を成し遂げるのでした。
 
【キット概要 】
■ホワイトメタル、エッチングパーツ、シルク印刷デカール、バキュームパーツ等を使用したマルチマテリアルキットです。

■91年LM総合優勝を果たしたレナウンカラーの55号車と、6位に入ったマツダワークスカラーの18号車、その2バージョンをラインナップ。

■モデルは1/12スケールで培ったディテールの再現と組み立てやすさのバランスを考慮した設計。

■フロント/リアカウルは脱着が可能で、完成後も内部構造を見ることができます。

■ゴム製タイヤはメーカーロゴ印刷済み。
 
【 バリエーション 】
K657●Ver.A :
1991 LM 24hours Winner #55 V.Weidler / J.Herbert / B.Gachot

画像をクリックしていただくと拡大表示します。

保有ポイント:__MEMBER_HOLDINGPOINT__ポイント
会員ランク:__MEMBER_RANK_NAME__
あと__MEMBER_RANK_NPRC__以上の
お買い物でランクアップ!
あと__MEMBER_RANK_NCNT__の購入でランクアップ!
送料無料
3pay

ロムブログ



商品ラインナップ

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ピンクの日は休業日となります。
The day marked with pink is closed
※スマートフォンでは営業カレンダーがシステムの都合により表示されない場合があります。ご了承ください。

営業時間
(平日)12:00~20:00
(土祝)11:00~18:30

休業日
定休日:日曜、第1,2月曜(月曜祝日は営業)
◆営業時間外にご注文頂いた場合は翌営業日の受注扱いとさせて頂きます。

The business hours
(Weekday)12:00~20:00
(Sat. & public holiday)11:00~18:30

Holiday
Regular holiday : Sunday, 1st. & 2nd. Monday

ページトップへ