• ミニカーのモデルガレージロム
  • お問い合せ
  • ログイン
  • 買い物かごを見る
  • 営業時間

すべてのキャリアにも対応。ミニカー通販 ミニカー、デカール、パーツの販売はもとより、デカール加工に修理もやってます。 国内最大級在庫総数約13000点
来る人には楽しみを! 帰る方には喜びを! 大阪のミニカー 通販の老舗専門店。 全国のミニカー 通販も承っております。車、バイクのプラモデル製作代行、レジン、メタルキットの製作代行も承っております。11,000円上のお買い物で送料無料。 国内最大級の品揃えで在庫総数約13000点のミニカー 通販を取り扱っております!車のプラモデルやミニカー以外にも鉄道模型やミリタリーモデルにも使用できるデカール・オプションパーツも豊富にとりそろえております。 ミニカーの通販ならロム! 大阪駅前徒歩3分、ご来店もおまちしております。 ありがとうございます。

* *
* *
* *

ロムファクトリー 1/43 マクラーレン MP4/8 フォード 日本GP 1993 Winner アイルトン・セナ 鈴鹿 Last Win RFTMK334JP

価格: ¥82,000 (税込)
[ポイント還元 820ポイント~]
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

twitter

セナが初めてのチャンピオンを決めた思い出深い鈴鹿での最後の走りを再現致しました。
 フロント翼端板の後下側がボーテックスジェネレーターにスムーズに空気を流す様に絞りこまれています。エンジンカウルのコブがエンジンのシリンダーヘッドの形状が変更されたため大きくなっています。鈴鹿にしてはダウンフォースの大きめのウイングを装着しています。オンボードカメラは左右に付きます。
Fordのロゴが前半戦と違って白黒反転しています。フロントウイングのフラップに日本GPから「TENCEL」のロゴが追加されています。
  ポールのプロスト、となりにはセナ、1990年のスタート直後のアクシデントが思い出されるフロントロー対決でしたが、セナがスタートを決め逃げにかかります。セナは2ストップ。プロストは1ストップ作戦だったため出来るだけ引き離したいところでしたがプロストが離れない。 セナは13周目にピットイン。セナの1~2秒後方にいたプロストはここで楽に首位に立つ。 このままいけば両チームあと1回ずつのタイヤ交換が必要で、 プロストはピットインで後退したセナとの差を維持しさえすれば勝てるはずでした。
 が、しかし、ここで奇跡が起こります。朝から晴天に恵まれていた鈴鹿の空が一転にわかにかき曇り雨が落ち始めます、次第に雨足は強くなっていく。 プロストは慎重にドライブする一方で、セナは得意の雨、水を得た魚のごとく猛然と追い上げてきます。 20周目には2人の差は2秒に縮まり、ヘアピンの立ち上がり、スプーンの手前でセナはプロストをあっという間にかわしました。
  セナとプロストはその周にレインタイヤへ交換するために同時ピットインしましたが、順位は変動がないままピットアウト。終盤再び晴れてきてプロストが追い上げますが、雨の中築いたリードを守りきりセナが優勝を飾りました。 決勝でセナは予選よりダウンフォースの大きいウイングを装着していました。朝から晴れで雨などだれも予想出来ない中、セナだけはそれを見越していたかの様なウイングの選択には驚かされます。
セナが雨で速いのは疑いようがないことですが、雨さえも呼び寄せることが出来るのかもしれませんね。
 セナがGP日本で優勝したのは初めてのチャンピオンになった1988年と今回製作した1993年だけでした。そしてこれが鈴鹿での最後の走りとなりました。
製作に当たってはスジ彫りは細く深く彫り直しています。ノーズ上面やリヤサス周りなどキットでは再現されていなかったスジ彫りも追加しています。ディフューザーやカウルのエッジは薄く削り込んでいます。インダクションポッドの開口部も深く彫り込んでいます。ミラーはミラー面を一段掘り下げて鏡面を埋め込んでいます。、シートベルトは布製に交換、エアバルブ追加と細部までもディティールアップしています。マルボロレッドはもちろん塗り分け、デカールや塗り分けの段差がないように徹底的に研ぎ出しています。製作は弊社専属モデラー多田 道一です。

画像をクリックしていただくと拡大表示します。
セナが初めてのチャンピオンを決めた思い出深い鈴鹿での最後の走りを再現致しました。
 フロント翼端板の後下側がボーテックスジェネレーターにスムーズに空気を流す様に絞りこまれています。エンジンカウルのコブがエンジンのシリンダーヘッドの形状が変更されたため大きくなっています。鈴鹿にしてはダウンフォースの大きめのウイングを装着しています。オンボードカメラは左右に付きます。
Fordのロゴが前半戦と違って白黒反転しています。フロントウイングのフラップに日本GPから「TENCEL」のロゴが追加されています。
  ポールのプロスト、となりにはセナ、1990年のスタート直後のアクシデントが思い出されるフロントロー対決でしたが、セナがスタートを決め逃げにかかります。セナは2ストップ。プロストは1ストップ作戦だったため出来るだけ引き離したいところでしたがプロストが離れない。 セナは13周目にピットイン。セナの1~2秒後方にいたプロストはここで楽に首位に立つ。 このままいけば両チームあと1回ずつのタイヤ交換が必要で、 プロストはピットインで後退したセナとの差を維持しさえすれば勝てるはずでした。
 が、しかし、ここで奇跡が起こります。朝から晴天に恵まれていた鈴鹿の空が一転にわかにかき曇り雨が落ち始めます、次第に雨足は強くなっていく。 プロストは慎重にドライブする一方で、セナは得意の雨、水を得た魚のごとく猛然と追い上げてきます。 20周目には2人の差は2秒に縮まり、ヘアピンの立ち上がり、スプーンの手前でセナはプロストをあっという間にかわしました。
  セナとプロストはその周にレインタイヤへ交換するために同時ピットインしましたが、順位は変動がないままピットアウト。終盤再び晴れてきてプロストが追い上げますが、雨の中築いたリードを守りきりセナが優勝を飾りました。 決勝でセナは予選よりダウンフォースの大きいウイングを装着していました。朝から晴れで雨などだれも予想出来ない中、セナだけはそれを見越していたかの様なウイングの選択には驚かされます。
セナが雨で速いのは疑いようがないことですが、雨さえも呼び寄せることが出来るのかもしれませんね。
 セナがGP日本で優勝したのは初めてのチャンピオンになった1988年と今回製作した1993年だけでした。そしてこれが鈴鹿での最後の走りとなりました。
製作に当たってはスジ彫りは細く深く彫り直しています。ノーズ上面やリヤサス周りなどキットでは再現されていなかったスジ彫りも追加しています。ディフューザーやカウルのエッジは薄く削り込んでいます。インダクションポッドの開口部も深く彫り込んでいます。ミラーはミラー面を一段掘り下げて鏡面を埋め込んでいます。、シートベルトは布製に交換、エアバルブ追加と細部までもディティールアップしています。マルボロレッドはもちろん塗り分け、デカールや塗り分けの段差がないように徹底的に研ぎ出しています。製作は弊社専属モデラー多田 道一です。
画像をクリックしていただくと拡大表示します。

保有ポイント:__MEMBER_HOLDINGPOINT__ポイント
会員ランク:__MEMBER_RANK_NAME__
あと__MEMBER_RANK_NPRC__以上の
お買い物でランクアップ!
あと__MEMBER_RANK_NCNT__の購入でランクアップ!
送料無料
3pay

ロムブログ



商品ラインナップ

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ピンクの日は休業日となります。
The day marked with pink is closed
※スマートフォンでは営業カレンダーがシステムの都合により表示されない場合があります。ご了承ください。

営業時間
(平日)12:00~20:00
(土祝)11:00~18:30

休業日
定休日:日曜、第1,2月曜(月曜祝日は営業)
◆営業時間外にご注文頂いた場合は翌営業日の受注扱いとさせて頂きます。

The business hours
(Weekday)12:00~20:00
(Sat. & public holiday)11:00~18:30

Holiday
Regular holiday : Sunday, 1st. & 2nd. Monday

ページトップへ